寺西医院 睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気をご存知ですか?
健康維持には良い眠りが欠かせません。なぜなら、人生の時間の3分の1は「睡眠」が占めるからです。

睡眠時呼吸障害は、睡眠中にいびきとともに呼吸が止まり、日常生活に支障をきたし、健康障害が生じてくる病気です。 睡眠中に無呼吸がおきると、酸素レベルが低下し、よく眠れず、睡眠の分断が頻回におこるようになります。

この状態が継続し、そのまま放置すると糖尿病や脳卒中、心臓・血管系の病気や多くの生活習慣病の原因になることがあります。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が10秒間以上停まることが繰り返しておき、一晩7時間の睡眠で30回以上、あるいは1時間あたり5回以上無呼吸が起こるものをいいます。

睡眠中に呼吸ができなくなってしまう原因は、空気の通り道である気道が閉塞してしまうからです。 気道が閉塞してしまう理由には、まず肥満があげられます。肥満によって気道が狭くなるからです。実際に患者さん全体の60%以上に肥満がみられます。

ただし、SASは肥満の人だけに認められる疾患ではなく、 やせている人でも下顎が小さい人や扁桃腺が大きい人、また高齢者の人などでもSASは起こりやすくなります。


睡眠時無呼吸症候群の症状

  • 日中の眠気
  • いびき
  • 睡眠時の無呼吸
  • トイレに起きる
  • 起床時の頭痛
  • 熟睡感がない
  • 集中力の低下
  • 夜間、苦しくて目を覚ます


検査法

当院では仕事で忙しい方にも、患者様の状況に合わせて自宅で出来る睡眠時呼吸検査装置をご用意しております。
ただし、一般的なことですが、あくまで自宅で出来る簡易検査のため検査結果の評価には限界がありますことをご了承下さい。

■簡易スクリーニング検査

睡眠中の呼吸状態について調べる検査です。ご自宅で検査を行います。検査装置は小型で、操作も簡単です。 簡易検査の後に、さらに詳しい睡眠・呼吸の検査が必要な場合には、睡眠ポリグラフィ検査(PSG)を行う必要があるため、連携病院へ紹介させていただくこともあります。


■睡眠ポリグラフィ検査(PSG)

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには十分な検査が必要です。睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠の状態を全体的に調べる検査です。 入院していただいて、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などの検査端子を体に取り付けて一晩寝ていただきます。痛みは全くありません。



治療について

■CPAP(シーパップ)療法

専用の機械を使用して、鼻から専用のマスクを介して空気を送り気道を広げる療法です。 睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。


■マウスピース

SAS専用のマウスピースを作成する方法です。
一般的に上あごと下あごが固定したマウスピースを患者さんにあわせて作成します。 その際、下あごを上あごより前に固定することで気道の面積を広げます。
副作用として顎の痛みや違和感がありますが、数ヶ月の使用で徐々に慣れていくケースが大半です。

当院ではマウスピースの作成ができないため、連携病院へ紹介させていただくことがあります。


■外科手術

無呼吸の原因部位が明確な場合に適応されます。
成人の場合は、責任部位が明確でないことが多く、また肥満を合併されているケースも多いため、手術適応には慎重な判断が必要です。 また肥満合併の重症の方の場合は、手術そのもののリスクが高いことも念頭においておく必要があります。

当院では外科手術を行えないため、連携病院へ紹介させていただくことがあります。


  日祝
  9:00~12:00 診療 ×
  9:00~12:00 検査 ×
17:00~19:00 診療 × × ×

院長(糖尿病内科休診)副院長。院長・副院長。最終週の木曜日は、副院長休診です。

【診療時間】9:00~12:00、17:00~19:00
【休診日】木曜・土曜午後、日曜、祝日



寺西医院外観
寺西医院 内科・消化器内科・糖尿病内科
スマートフォンサイトのご案内

お問い合わせ